ベーグルのカロリーと栄養素

もちもちした食感のベーグルは、いろいろな種類があり、野菜を挟んだり、ジャムを塗っても美味しくて、人気のあるパンですよね。でも、糖尿病やダイエットで糖質制限していると、ベーグルなんて食べられない…と思っている人もいるのでは?

実は、糖質制限している人でも食べられる低糖のベーグルがあります。小麦ふすまや大豆おからを使って作られたベーグルなら、糖質も大幅にカットされているため、糖尿病の人でもダイエット中の人でも安心して食べられます。

ふすま粉のベーグルは、通常のベーグルより糖質が約80%もカットされていて、カロリーも約40%カットされています。小麦粉のベーグルの糖質は、1個で約40gですが、ふすま粉だと8gほどになります。 また、カロリーは小麦粉のベーグルで250キロカロリー前後ですが、ふすま粉だと150キロカロリーほどです。

こうして数値にしてみると、その差は歴然ですね。

さらに、ふすま粉には、鉄分やカリウム、マグネシウム、亜鉛、銅などが豊富に含まれていて栄養価が高いというメリットもあります。そのため、ふすま粉のベーグルは、余分な糖質やカロリーはカットしながら、体に必要な栄養を摂取できるという優れモノ。また食物繊維も豊富だから、便秘になりがちなダイエット中の人にも最適です。

良いことばかりのふすま粉のベーグルですが、他にもまだメリットはあります。それは噛みごたえがあって、腹持ちがいいことです。比較的、少量でも結構満腹感が味わえます。

ダイエットで、常に空腹感があり、ひもじい思いをしている人にとっては、ベーグルは救いの食材かもしれませんね。ベーグルに、野菜やサーモン、アボガド、チキン、トマト、チーズ、ハンバーグなど、好みの具をサンドすれば、低糖・低カロリーで栄養バランスの良い、糖質制限中の食事にぴったりな1食になります。

ベーグルはクセがなく、色々な食材に合うので、サンドするものを変えるだけで、毎日飽きずに食べられるのも魅力ですね。ふすま粉のベーグルを取り入れれば、糖質制限中でも食べられるメニューが広がりますよ!

はじめての方へ



※ログインしないとアクセスできません

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

店長コーナー