糖質制限はゆるめがちょうどいい

カロリー制限よりはハードルが低いとはいえ、糖質制限も一定期間続けようと思えば、結構シンドイものです。なんといっても、主食であるご飯やパン、麺類が食べられないうえに、スイーツまでガマンしなければならないのですから…

とうとう我慢しきれなくて、ある日キレてドカ食い、その後見事にリバウンド、という話もよく耳にします。何事もそうですが、キッチリ完璧を目指すより、チョットゆるめが、ちょうどいいのかもしれませんね。

◆完璧な糖質制限はキケン?

キビシイ糖質制限で有名なのが、アトキンス・ダイエットです。

最初の2週間は、1日の糖質量は20g以下、その後は1食20g以内に抑えるというものです。ご飯がお茶碗1杯分で、糖質が55gですから、ここまで糖質を下げるためには、もちろん、調味料などにも神経を使わなければなりません。

このダイエットは、中性脂肪を分解する時に作られる「ケトン体」を利用して痩せるというものなのですが、まれに増えすぎたケトン体によって、ケトアシドーシスを引き起こしてしまう恐れがあります。

※ケトアシドーシスとは

血液中にケトン体が増加して、血液が酸性に傾いてしまう症状です。糖尿病や飢餓状態の時に起こりやすくなります。

◆ゆる〜く、ゆっくり痩せよう

アメリカのバーンスタイン医師は、1日130gの糖質摂取を推奨しています。また、1食の糖質が、20g以下を下回らないようにすることも大切である、としています。1日130gなら1食40gなので、調味料などに気をつければ、毎食お茶碗に軽〜く一杯なら食べられます。

糖質制限ダイエットを続けていると、おのずとカロリーもセーブされますし、多少ゆるくても、長く続けられるダイエットの方が、成功率は高いはずです。

◆糖質制限ダイエットで気をつけたい食材

ご飯やパン、麺類、イモ類、甘いスイーツがNGなのは、もはや常識ですが、うっかり見落としがちな食品に糖質が多い場合も…

バナナ、れんこん、玉ねぎ、トマト、にんじん、果物、野菜ジュース、魚肉ソーセージ、ちくわなどの加工食品、カレーやシチューのルー、酢飯、佃煮、日本酒、ワイン、ビールなど

いかがでしたか?

ゆるいダイエットでも、必ず成果は出ます。健康的なプロポーションと若々しさ、手に入れてくださいね。

はじめての方へ



※ログインしないとアクセスできません

2021年3月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2021年4月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

店長コーナー