糖制限中に居酒屋で選びたいメニュー

会社での飲み会や女子会が続くと、カロリーと共に糖質もガッツリ摂ってしまいそうで、コワイですよね。かといって、お誘いをたびたび断ったり、自分だけほとんど食べなかったりすると、円滑な人間関係に水を差してしまいます。

ならばいっそ、自分が幹事になって、糖質やカロリーをあまりとらなくて済む場所で、飲み会を開いてみてはどうでしょうか。

実は、居酒屋は、糖質制限ダイエットを頑張っている人の、強い味方なのです。

◆意外と低糖質な居酒屋メニュー

◇まずは乾杯の一杯

「とりあえず生ビールでいいよね?」
これ、飲み会の定番ですよね。でも、生ビール中ジョッキ1杯で、約15gもの糖質を含んでいます。どうしても飲みたいときは、最初の1杯だけ付き合って、あとは糖質のないハイボールや焼酎、赤ワインの辛口などを選ぶようにしましょう。

◇サラダ

ドレッシングには、たとえ低カロリーでも、糖質の高いものが多いです。できれば、低糖質のマヨネーズで食べたいところです。

◇焼き鳥

肉類は低糖質。だから安心して食べてもOK。でも、糖質を気にするなら「塩」で注文したいところです。

◇唐揚げなどの揚げ物

唐揚げは、片栗粉などが使われていますが、気にするほどの量ではありません。マヨネーズでガンガン食べても大丈夫。その他のフライや天ぷらは、衣が多い場合だけ、はずして食べましょう。

◇揚げだし豆腐

食材が豆腐なので、一見良さげな揚げだし豆腐ですが、衣やあんには小麦粉や片栗粉が使われています。揚げだし豆腐1食で、糖質量は9,2g。う〜ん、迷うところですね。

◇お刺身

トロでもウニでもイカでもイクラでも、どれだけ食べてもOK。お酒もすすみますしね。

◇ソーセージ

やや糖質が多めだけれど、食べ過ぎなければ大丈夫。でも、フランクフルトやアメリカンドッグ、魚肉ソーセージは、やめておいた方が無難です。

◇おでん

さつま揚げやちくわなどの練り製品や昆布は、糖質が多いのでNG。卵やがんも、すじ肉、しらたきなどは、OK食材です。

◇漬物やキムチ

一見、糖質とは無縁に見える漬物やキムチ。でも、意外と砂糖が多く使われています。食べ過ぎるとヤバいかも…

◇鍋物

居酒屋宴会も終盤に近付くと、どうしてもシメの料理が欲しくなりがちです。でも、ここで、ラーメンやお茶漬けを食べてしまっては元も子もありません。最後を鍋料理で締めくくるのが、賢い選択と言えるかも。どうしても麺類が食べたい時は、冷たいそばをチョイスしましょう。

◇デザート

これはもはや、糖質制限ダイエットを行う者たるや、忍の一字で耐え抜きたいところです。でも、どうしてもという場合は、シャーベットやアイスクリームを選びましょう。
「もっと、ガッツリ!」という欲求を抑えられない場合は、チーズケーキを選択して◎

ピックアップ商品

はじめての方へ



※ログインしないとアクセスできません

2020年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2020年6月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

店長コーナー