血糖値の上昇は食べ順でコントロール

血糖値の上昇を食べる順番でコントロールできるというのはご存知でしょうか。
ダイエットとしても効果がありますので、知っている人もいるかもしれません。

同じ物を食べても、食べる順番で血糖値の上昇はまったく変わってきます。
血糖値上昇を緩やかにするためには、『野菜→おかず→主食』の順番で食べることが重要なのです。
特に一番始めに野菜から食べるということは大事なことです。

ダイエット方面からの話としては、パンやご飯などの主食は血糖値を急激に上げてしまうため、空腹時にいきなり食べると身体は対応するためにインスリンを大量に分泌することになります。

それによって、脂肪細胞にも糖が多くとりこまれてしまい太りやすくなるというわけです。
ですから、先ず野菜から食べ始めるということが血糖値上昇抑制や太り難いといったことに役立つのです。

でも、主食からが悪いのは分かったとしても、なぜ野菜から食べるといいのかという疑問はまだ残ると思います。これは、野菜(海藻・きのこ類も含む)に血糖値を上昇させる糖質を分解する効果があり、また吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれているためなんです。

この効果によって、先に野菜を食べることで後から食べるものの糖質吸収を抑制してくれるというわけです。
尚、ダイエットに関しては、始めにカロリーの低いものを食べることで空腹感が減少するため、食べ過ぎの抑制にもなるという一面があります。

食べる内容を工夫することも重要ですが、食べる順番を考えることも大事です。
血糖値やダイエットが気になる人は、先ず食べる順番という簡単なところから気をつけてみるといいと思います。

ちなみに、先に野菜を食べると言いましたが、これは一口だけ野菜を食べてから他のものを食べるということではなく、基本的にはある程度の量の野菜を先に食べてしまうということです。

例えば野菜の煮物などが小鉢で出た時には、先ずそれを全部食べてから他のおかずを食べるという風にした方がいいでしょう。

ピックアップ商品

はじめての方へ



※ログインしないとアクセスできません

2020年1月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2020年2月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

店長コーナー