「朝食に選ぶ低糖質なメニュー」

忙しい朝でも、朝食には健康的なメニューを考えたいものです。
仕事や学校の準備や、家事で忙しい朝でも、抵糖質なメニューを作るのは可能です。どんなお手軽糖質制限メニューがあるのでしょうか?

夕食をアレンジする方法

忙しい朝にオススメなのは、夕食の残りをアレンジする方法です。朝食と違って、夕食は時間をかけて料理ができるので、朝ごはんを視野に入れて夕食作りをするといいでしょう。夕食に作った肉料理・魚料理・野菜炒めを温め直すのもいいですし、カレー風味や中華風にアレンジしても面白いです。朝に手軽に味を変えるだけでも一品メニューにかわります。

和食の低糖質メニュー

もちろん、きちんと糖質制限メニューを作る方法もあります。朝ごはんは和食でないと考えられない。そう思っている人は白いご飯ではなく、雑穀米を朝食メニューに取り入れましょう。雑穀は普通の白いご飯に比べ、血糖値の上昇を防ぐオススメのメニューです。

おかずには味噌汁や焼き魚、肉の生姜炒めなど簡単ですが、抵糖質なメニューを考えましょう。味噌汁に使われる味噌は糖質を上昇させる心配があまりない発酵食品です。糖質制限の基本は野菜や発酵食品、乳製品を多く取り、肉・魚で周りを固める作戦でいきましょう。忙しい朝ですが、和食の低糖質メニューを考える場合、雑穀米と味噌汁に加え後2品ほどメニューを準備できるといいですね。

洋食の低糖質メニュー

朝はパン派という人も多いと思います。おすすめしたいのは、小麦ふすまで作られたふすまパンです。ロールパンタイプや食パンタイプのものもあり、お好きな野菜やパンをさっと挟むだけで朝食メニューの出来上がりです。小麦ふすまには、食物繊維、鉄分、カルシウムなど栄養成分が豊富に含まれています。小麦ふすまパンなら、手軽に栄養バランスのよい朝食が準備できますね。

当店では、忙しい朝でもさっと温めておいしく食べていただける糖質制限パンをそろえています。ふすまパンにチキンやベーコン、クリームチーズやナッツをサンドしたプレミアムサンドもおすすめです。

はじめての方へ



※ログインしないとアクセスできません

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

店長コーナー