代表的な調味料の糖質の比較

ダイエット中の人にとって最も控えたいものといえば、やはり糖質ではないでしょうか。
糖質を制限するだけで、効率的にダイエットできるので、糖質をできるだけ摂らないように頑張っている人も多いはずです。でも、甘いものを抜いたり、パンやお米などの炭水化物を抜いても、糖質を完全にシャットアウトできるわけではありません。
料理をする時の必需品である調味料の中にも糖質が含まれているからです。

では、どんな調味料にどれだけの糖質が含まれているのでしょうか?
調味料の糖質を比較しながら、糖質制限中は避けた方が良い調味料についてご紹介します。

糖質制限中、一番気になる調味料はやはり砂糖ですよね。
砂糖は、甘みをつけるのに欠かせないものですが、砂糖の代わりに人工甘味料を使えば、糖質制限中でも安心です。というのも、人工甘味料は砂糖と違い、いくら摂っても体内に残らないので、糖質を摂取してしまう心配がないからです。ラカントSやパルスイートといった人工甘味料なら、しっかり甘みもつくので、砂糖代わりに手軽に使えるはずです。

そして和食の調味料として欠かせないのが味噌。味噌はかなり糖質高めだと言われています。例えば、白みそや赤みそは、大さじ1杯に対して、糖質が約3.1グラム、甘味噌だと大さじ1杯で糖質約5.8グラムもあります。
味噌は体にいいものですが、糖質制限中は、控えた方がいいかもしれませんね。

それから意外と糖質が高いのがドレッシングです。
ノンオイルの和風ドレッシングは、大さじ1杯で糖質が約2.4グラムも含まれていて、サウザンアイランドドレッシングは、大さじ1杯で約1.3グラムの糖質が含まれています。

みりんは小さじ1杯で、糖質約2.6グラム、ウスターソースは、小さじ1杯で糖質約1.6グラム、トマトケチャップは、小さじ1杯で約1.3グラムと、これらの調味料も糖質はかなり多めです。
そうめんやざるそばなどに欠かせないめんつゆも、ストレート1食分で約8.7グラムもの糖質が含まれています。

このように、糖質の高い調味料はたくさんあるので、糖質制限をしているなら、食材だけではなく、調味料にも気を使う必要があります。

せっかく、糖質が少ない食材を選んでも調理の仕方で、口にする糖質量がぜんぜ違ってきてしまいます。糖質を意識してお料理をつくるなら、調味料の糖質量も意識しておきたいですね。

ピックアップ商品

はじめての方へ



※ログインしないとアクセスできません

2020年1月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2020年2月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

店長コーナー