糖質制限中 とりあえずビールは禁止!(飲んでもOKなアルコール類)

糖質制限中だからといって、禁酒しなければいけないという事はありません。糖質制限中でも、アルコーを飲んでOKです。
ただし、飲んでもいいアルコールとダメなアルコールがあります。飲んではいけないアルコールは、糖質の多いものです。最も糖質が多いのはビールです。

特に、発泡酒は要注意で、中ジョッキ1杯に12.6グラムもの糖質が含まれています。ビールの方は、中ジョッキ1杯に10.9グラムの糖質が含まれています。
飲みに行けば、とりあえずビールというのが当たり前になっている人もいると思いますが、糖質制限中は、糖質の多いビールはできるだけ控えた方がいいでしょう。
また、梅酒や日本酒も糖質が多いので、糖質制限中は控えるようにしましょう。

糖質が少なく、糖質制限中でも飲んでOKなアルコールは、糖質0%の発泡酒や第三のビールです。糖質が入っていないビールなら、安心して飲めるので、家でビールが飲みたくなったら、糖質0%のものを選ぶようにしましょう。同じく糖質0%のアルコールは、ウイスキー、ジン、焼酎甲類、ウォッカです。アルコール度数の高いものばかりですが、これらのアルコールなら、糖質を気にする必要がないので、いつでも飲んでOKです。
それから赤ワインや白ワインも糖質控えめですが、糖質制限中は、糖質の多い甘口ではなく、辛口のものを飲むようにしましょう。

糖質0のアルコールや、糖質量の少ないアルコールなら、糖質制限中でも禁止する事はありません。飲むのが好きで毎日飲んでしまう人は、糖質の少ないものを選んで飲むようにしましょう。
お店で注文するなら、ビールの代わりに、糖質0のウイスキーや焼酎、ウォッカ、もしくは低糖のワインなどをたしなむようにしましょう。

このようにして、アルコール類の中でも低糖のものを選んで飲めば、お酒を飲むのを諦める事なく、糖質制限ができます。

ピックアップ商品

はじめての方へ



※ログインしないとアクセスできません

2020年7月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2020年8月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

店長コーナー