糖質制限中に選ぶなら、洋菓子?洋菓子?

ケーキやクッキーなどの洋菓子は、糖分と脂肪分がたっぷり入っているので、ダイエット中に食べるなら和菓子の方がいいと思っている人は多いのではないでしょうか?
ダイエットの要は、糖質を制限することです!どれほど糖質をカットできるかによって、その成果が決まります。

では、糖質制限中に選ぶなら、洋菓子か和菓子、どちらがいいのでしょう?

一見和菓子の方が糖質もカロリーも少なく、ヘルシーに思えますよね。
でも、実は和菓子よりも洋菓子の方が糖分は少なめです。100グラム当たりで比べてみると、大福餅の場合、糖質が53グラムなのに対して、シュークリームは22グラム。蒸し饅頭になると59グラムも糖質が含まれていますが、チーズケーキでは26グラムと、和菓子に比べて洋菓子の方が糖質は控えめです。

また、脂肪と糖質を一緒に摂れば、糖の吸収が抑えられるとも言われているので、脂肪分と糖質の両方を含んでいる洋菓子の方が、和菓子よりも、糖質制限時のおやつとしては適しています。もちろん、洋菓子には脂肪分が入っているので、カロリーは和菓子に比べて高めですが、糖質制限できるかどうかという点だけに着目すると、和菓子よりも洋菓子の方が勝っています。

ただ、和菓子より糖質制限できるからといって、洋菓子を毎日食べるのは禁物です。糖質制限中はできるだけ糖質を多く含むものは避けた方がいいので、食べたくて我慢できないという時だけ、洋菓子を食べるようにしましょう。

和菓子と洋菓子の糖質量を比べてきましたが、今度は甘いものと辛いものを比べてみます。

おせんべいとロールケーキならどちらの方が、糖質量が多いと思いますか?
ロールケーキの方が甘いので、おせんべいの方が、糖質は少ないと思っている人が大半ではないでしょうか?実は、おせんべい2枚とロールケーキ1切れなら、ロールケーキの方が糖質は少ないのです。

このように、おやつに含まれている糖質の量は、想像とは違う事も多いのです。
だから、糖質制限中のおやつを考える時は、自分の感覚だけにとらわれず、実際に糖質の少ないものはどれなのか、調べてから食べるようにしましょう。

ピックアップ商品

はじめての方へ



※ログインしないとアクセスできません

2020年8月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2020年9月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

店長コーナー